函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 採用情報
    函館新聞社
  • クマ出没マップ
    出没マップ

修復技術の理解深める/遺愛学院で伝統的建築技術研修会

 NPO法人はこだて街なかプロジェクト(山内一男理事長)は26日、国の重要文化財、遺愛学院本館(函館市杉並町)で「伝統的建築技術研修会」を開いた。大工と板金職人6人を含む関係者約30人が保存修理工事中の建物を見学し、修復技術について理解を深めた。
 西部地区に点在する歴史的建造物の維持、保全に携わる職人の不足で建築技術の継承が困難となっている現状を受け、人材を育成しようと企画。市民協働モデル事業で、今年度は実務経験が5年以上ある大工、板金職人を対象に全4回開催する。
 講師を務めた本館設計監理事務所の内海勝博所長は、工事でむき出しとなった床下の構造を解説。「(建設された明治時代の)当時としては早くから防湿シートが使われていたが、結露などでかなり床下が腐っている」と説明した。校長室では照明器具を取り外した後の天井について「シャンデリアが下がっていた跡が見つかった。復元では細かな痕跡も重要な証拠になる」と強調した。
 研修に参加した大工の工藤厚樹さん(35)は「小屋裏の空間で組み方を見てとても参考になった」と話した。研修受講者は今後、西部地区の歴史的建造物を見学するほか、修理技術などの講義を受け、来年度に実習を行う。(山田大輔)

      建設・土木











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト