函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 2021年
    新春メッセージ
  • 特集
    思いをギュウっと
  • 1月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社

コロナに打ち勝つ 函館神威館が初稽古

 函館八幡宮(谷地頭町)の剣道場「函館神威(しんい)館」(館長・川見順春宮司)は6日夜、今年の初稽古を行った。境内を参拝して1年間の必勝を祈願。1時間半ほど汗を流し、新年の誓いを胸に竹刀を振った。
 例年は1日に元旦稽古会を行うが、新型コロナウイルス感染防止で参拝客との接触を避けるため、開催を控えていた。
 初稽古を前に、年長から中学3年生の館生24人や指導者、保護者、卒業生ら約50人が参拝。健康と好成績を願う祈祷を受け、疫病を払うとされる「からす団扇(うちわ)」のシールを貼ったマスクを受け取った。
 川見館長は「コロナに打ち勝って、神威館の名が全国に知れ渡るよう強くなってほしい」、加茂国興師範も「新年を迎え、新たな決意を大事に頑張っていこう」と激励。道場では9日ぶりの練習を行い、竹刀がぶつかる音と掛け声が響いた。
 年男として館生代表で玉串をささげた堀内拓夢君(浜分小5年)は「昨年はコロナで大会がなくてさみしかった。もっと技を磨いて、昨年の分まで良い成績を残したい」と意気込んでいた。(稲船優香)

      武道・格闘技











      最新記事











      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医1月17日
      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト