函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 8月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 新コンテンツ
    DONAN RESEARCH
  • 豪雨災害
    義援金受け付け中
  • 特集
    コロナ禍に思う
  • クマ出没マップ
    出没マップ

荒井三津子さん・暮らしのパレット/ローソク

 今年の「七夕」は晴れるだろうか。7月7日である。だが函館、釧路、根室近郊以外の北海道の広い地域では8月7日に行う。その理由には諸説あるが、旧暦から新暦への移行時、7月7日のままにするか、一カ月遅い8月7日にするか選択が分かれたという説が有力である。
 七夕は、1月7日の「人日の節句」、3月3日の「上巳の節句」、5月5日の「端午の節句」に続く「七夕の節句」である。9月9日の「重陽の節句」とともに江戸時代から五節句として祝われてきた。七夕には織姫と彦星の話をはじめ、興味深い神話がいくつもあるが、農耕従事者が多かった日本にとっては特に意味のある節句だったのではないかと思う。秋の収穫を前にした暑い時期、その年の豊作を祈り、ひと休みみすることは大きな楽しみだったに違いない。先祖供養のお盆の始まりでもあったはずだ。
 七夕といえば、函館には子どもたちがお菓子をもらって歩く風習があるが、私が子どものころはローソクを灯した提灯を下げてローソクをもらいに町内を練り歩いた。織姫と彦星の伝説や水辺にまつわる機織り伝説にはローソクは直接関係がない。だとすれば、ローソクをもらい歩く北海道の七夕には、対岸の青森のねぶた祭りやお盆の行事にその起源があるのではないだろうか。
 ローソクの明かりには不思議な魅力がある。周りの人たちの気持ちをひとつにする。宗教を問わず神聖な気持ちにもなる。オリンピックでにぎわうはずだった夏は未曾有の不安に包まれている。平穏な秋を祈りたい。(生活デザイナー)

      暮らしのパレット











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト