• プレゼント
    映画鑑賞券
  • 特集
    夏の高校野球
  • 採用情報
    函館新聞社

荒井三津子さん・暮らしのパレット/「卒業」

 次女が大学院を卒業した。これまで数々の卒業式を経験してきたが、今回ほど心に残る式はなかったと思う。少々遠回りした娘の卒業が感無量だったからではなく、先生たちのごあいさつが素晴らしかったからである。
 それは単に学生を賞賛したり激励するものではなかった。先生のお一人は社会人にはもう卒業は無いのだとおっしゃった。小学校であれ中学であれ、嫌なことがあっても卒業すれば生活を変えることができる。だがこれからは困難なことや苦手な人に遭遇しても逃げることはできず、自分で折り合いをつけなければならない。そんなつらい状況を乗り切るためには、できるだけ多くの人に会うこと、できれば仕事や専門分野の違う人たちと話をすることだと続けられた。
 これは定年退職後の私たち世代の心にも沁(し)みる言葉である。ボランティアでも趣味でも、とにかく健康ならば外に出て誰かと話す機会を持ちたい。閉鎖的になりがちな気持ちは、より多くの人と話すことできっと解き放たれるのだろう。また別の先生は、大学のキャンパスの語源はキャンプであることに触れ、学校は一時的に滞在するだけで、だれもがみな必ず巣立つ場所なのだと話された。でもだからこそ、いつでも帰ってきて良い場所なのだと穏やかで優しいエールを送ってくださった。
 いくつになっても立ち止まるなと私も背中を押されたような気がした。キャンプを転々とするのもよかろう。どれであれ歩き続けることなのだと私は思った。(生活デザイナー)

      暮らしのパレット

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      7月15日の紙面

      お知らせ

      イベントカレンダー

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      大学進学説明会2019