• 採用情報
    函館新聞社

(荒井三津子さん・暮らしのパレット)「良いモノの理由」

 色彩心理学や茶の文化など、日々の暮らしを彩る知識を学ぶ教室を時々自宅で開いている。昼食は料理研究家の友人が腕を振るってくれ、私は器を選んでコーディネートする。どの料理をどの器に盛るか考えるのが実に楽しい。
 今回は中華風のランチ。義母が残した器の登場である。義母は料理学校の校長だったが、写真の少し派手な器は自宅用だった。懐石を得意としていたが台湾で育ったせいか中華料理も気軽によく作った。その義母が残した一人用のセイロを焼売(しゅうまい)の盛り付けに使った。最近買ったセイロも使ったのだが、生徒さんは皆、古い義母のセイロに感動していた。本体は丁寧な曲げわっぱで重厚。蓋(ふた)の竹の編み方も複雑で裏も美しい。本体と蓋との噛み合わせも絶妙なのだ。手にとるとその良さが分かる。大量生産の新しいものとの違いがよくわかる。よい勉強をしたと思う。
 先日、長く料理研究家として活躍なさった先生が昨今の白い器のブームを嘆いておられた。作家の個性の際立つ器に料理をどう盛るか、そこに料理人の知恵と技術があるのではないかとのこと。陶芸家と料理人は刺激し合って腕を上げてきたはずだ。いつの間にか「楽」「安い」「簡単」「無難」「使い捨て」という風潮になってしまった。これらはせっかく築き上げた文化の敵ではないだろうか。良いモノは時代を超えて評価される。なんだかファイトが湧いてきた。(生活デザイナー)

      暮らしのパレット

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医11月18日付け
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月17日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会