函館新聞電子版

  • 函館合同花火2020
    動画配信
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 特集
    秋季北海道高校野球
  • クマ出没マップ
    出没マップ

来年1月「函館特集」 JAL新ジャパンプロジェクト

 日本航空(JAL)は19日、地域活性化を目的に同社が展開する「新ジャパンプロジェクト」の一環として、来年1月の1カ月間、機内誌や機内食を通じて函館の魅力をPRすると発表した。(野口賢清)
 自治体とのタイアップを通じて観光需要の創出につなげようと、2011年から始まった取り組みで、函館が特集されるのは15年2月に続き2度目。
 今回は、国内線ファーストクラスの機内食のうち、夕食に函館市柏木町のフランス料理店「ロワゾー・パー・マツナガ」(松永和之オーナーシェフ)が監修した3種類のメニューを、時期や路線別に提供する。料理は「ミルクウインナーと駒ケ岳ポークのカスレ」など、道産食材を数多く使用。松永シェフによると、メニューは親しみやすいようフランスの家庭料理をテーマにしているという。
 機内食ではこのほか羽田空港を発着する同クラスの昼食に、函館洋菓子スナッフルスの「ティラミスオムレット」、千秋庵総本家の「函館散歩」を提供する。
 また、機内誌「スカイワード」で函館の海の幸や春の味覚、冬ならではの魅力などを紹介。機内ビデオではハリストス正教会や五稜郭タワーといった観光スポットを放映する。
 竹葉新葉亭で同日、機内食の試食会が開かれ、函館市の谷口諭副市長やJAL北海道地区の山崎賢太郎支配人らが一足先に料理を味わった。料理を監修した松永シェフは「フランス料理を大前提に道産食材を使うことを意識した。フランス料理を味わいながら道の魅力を感じてほしい」と話していた。

      観光











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト