函館新聞電子版

鹿部に道の駅誕生

【鹿部】道の駅「しかべ間歇泉(かんけつせん)公園」(鹿部18)が18日、オープンした。北海道新幹線開業を目前に盛り上がる道南に、新たな観光スポットが仲間入りした。
 渡島、桧山管内で14カ所目となる同駅は『鹿部の食文化を学び、味わえる「体験型施設」』として、これまでの間歇泉公園に加え、特産品を集めた物産館棟や、50人対応の体験・研修棟を設置。また温泉を利用した「蒸し釜&ゆで釜」を活用し、客が自分たちで蒸し料理を楽しめる体験要素を取り入れた。
 開業に先立ち行われたオープン式典で、川村茂町長は「この道の駅が、今後ますます南北海道の魅力充実につながることを期待する」とあいさつ。川村町長と野田重毅町議会議長、冨原亮道議ら9人でテープカットし、オープンを祝った。
 物産館棟はすぐに人でいっぱいになり、町漁協女性部による「浜のかあさん食堂」には、おいしい定食を求めて長蛇の列ができた。函館市の介護職員、石川明弘さん(39)は「ご飯の上に載った大きなタラコがとてもおいしい。道の駅ができたことで、鹿部町に遊びに来る目的ができた」と満足の表情。食堂隣の小板商店による総菜や鮮魚販売も大人気で、町内の三浦一雄さん(80)は「道の駅におかず屋さんがあるのはとても便利」と喜んでいた。
 開館時間は4~9月が午前8時半~午後6時。10~3月が午前9時~午後5時。公園入園料は大人300円、小中学生200円、未就学児は無料。(野口賢清)

      観光











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      東京2020 オリンピック【速報】

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト