雨上がりのまち駆け抜ける、ハイカラ號運行開始

 復元チンチン電車として人気を集める「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が15日に始まった。雨上がりのまちを駆け抜け、函館に本格的な観光シーズンの到来を告げた。
 この日は雨の影響で、3本のダイヤのうち、2本が運休。晴れ間がのぞいた午後に、函館どつく前行きとして駒場車庫前を出発した。
 旅行で友人と函館を訪れ、函館駅前から十字街までハイカラ號を利用した秋田市の主婦、笠原恵子さん(48)は「偶然乗車することができてラッキー。かわいらしい電車でどこか懐かしさを感じました」と笑顔で話した。
 1918(大正7)年に函館の街を走り始め、今年でちょうど1世紀。赤を基調とした車体は、現在の姿となった93年以降、初めて塗装が塗りなおされた。
 今シーズンは10月31日まで、土日祝日を中心に運行する。(山田大輔)

      観光

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月22日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会