函館新聞電子版

函館新聞電子版

函館
6時12時18時
天気

コンブ知名度向上へ産地名称を協議 函館市と漁協

 函館市と市内5漁協(函館市、銭亀沢、戸井、えさん、南かやべ)は、コンブに函館の知名度を有効に使った産地名称が付けられないか協議を始めた。函館がコンブ生産量全国一でありながら、実はあまり知られていない状況に危機感を抱いたため。既存銘柄に加え、函館だと分かってもらえるような表記の在り方を検討し、今夏をめどに考え方を統一したい考えだ。
 道内では利尻コンブ、羅臼コンブ、日高コンブなど地域名を冠した商品が流通している。他産地に引けを取らない品質を持つ函館だが、旧4町村と合併したこともあり「尾札部昆布」「白口浜」「真こんぶ」など浜ごとの特徴を捉え、取引されるケースが多い。産地表示も「道南産」が多く、全国的な認知度に欠け、消費者へのアピール不足は否めない。
 このため、認知度を高めるための取り組みが必要だと判断、今年2月から具体的な協議をスタートさせた。既に組合長レベルでは統一できる名称が必要との認識で大筋合意しており、今後、事務レベルで協議を進め、市が夏をめどに考え方の案を示す方向だ。
 既存の銘柄を変えずに函館のネームバリューを生かし、函館がイカとともに「コンブのまち」でもあることを全国に発信する。問屋に出荷する際の段ボールなどに、産地名称を付けることを想定している。
 北海道水産現勢によると、市の2015年漁業生産高は、イカが41億1700万円だったのに対し、コンブは66億4200万円と魚種別でトップを誇る。
 市農林水産部は「新年度に取り組む消費者をターゲットにしたプロモーション活動と両輪で、函館産コンブの知名度を上げ、漁業者の所得確保につなげたい」としている。(山崎大和)

      一次産業

      最新記事

      3月29日の天気

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      3月29日の紙面

      紙面ビューア

      デジタル紙面を見るにはログインする必要があります。

      ハコラク
      名産市場