函館市の人口2862人減、昨年

 函館市の住民基本台帳に基づく2015年12月末の人口は26万8617人(外国人登録を含む)で、14年末と比較し、2862人の減少となった。14年の減少数3006人と比較し、減少幅はやや縮小したものの、2000人超が自然減少によるもので、人口減の傾向に歯止めが掛かっていない。地域の雇用や経済対策、子育て支援策の構築など総合的な減少抑制対策が求められている。
 昨年12月末現在の男性は12万2413人、女性は14万6204人。同3月に27万人を割り込み、26万人台後半で推移した。年齢構成別には、年少人口(0~14歳)は2万7569人で前年比616人の減少。生産年齢人口(15~64歳)は15万4933人で同4151人減少。老年人口(65歳以上)は8万6115人で1905人増加した。高齢化率は1・1ポイント増の32・1%だった。
 また、出生数は1632人で前年より微増となったが、死亡数は約100人増えて3721人。2089人の自然減となった。転入者は9470人、転出者は1万323人で、853人の社会減となったが減り幅は縮小した。
 市は昨年、市活性化総合戦略と人口ビジョンを策定。人口減少は織り込み済みだが、減少幅の抑制、交流人口の拡大によるにぎわいの維持に努めることなど各種施策や目標を定めた。
 市企画部新計画担当は「人口減少が進む中で街のにぎわいを失わないことが大切。新幹線開業が大きな契機となり、(交流人口拡大の)効果を未来につなぐ施策を展開していきたい」とする。さらに「進学などで市外に転居した若者たちが将来、函館に戻ってきたいと考えたときに、受け入れることができるまちづくりを進めていく」としている。(今井正一)

      政治・行政

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月20日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会