函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 2021年
    新春メッセージ
  • 特集
    思いをギュウっと
  • 1月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社

五稜星の夢、外郭設置の電球盗難相次ぐ

 11月29日に開幕し、五稜郭の星形の堀の形をイルミネーションで浮かび上がらせる「五稜星の夢(ほしのゆめ)」会場で、電球の盗難が相次いでいることが3日までに分かった。イベント開幕前に7個、開幕後にも1個が盗まれ、主催の実行委は「協力いただいた市民の気持ちを踏みにじる心ない行為。絶対にやめて」と話している。(神部 造)
 電球は実行委スタッフが11月14日に設置した後、同28日の点検でLED5個と白熱電球2個がなくなっていることが分かった。実行委は同30日に函館中央署に被害届を提出した。
 さらにイベント開幕後も、裏門橋たもとのLED1個が盗まれていることが3日までに分かった。午後8時までの点灯が終わった後、何者かが取り外して持ち去ったものとみられる。
 同イベントではこれまで、2000個の電球を内郭に設置していたが、今回は北側の一部を「五稜郭タワーから星の形をよりくっきりと見てほしい」と堀の外側の遊歩道わきに設置。盗難にあったのはこの外郭設置部分だった。
 「五稜星の夢」は1989年から毎年開き、運営は有志のボランティア、費用は市民らの寄付によりまかなわれる。実行委は「新型コロナでイベントが次々中止になる中、函館に元気を与えたいと思っていたのに」と肩を落とし、対策として手すりの外から手が届かないよう、イルミネーションを堀寄りに設置し直したいとしている。

      社会











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト