函館新聞電子版

函館など連日の真夏日 暑さの影響?大沼で芝桜咲く

 北海道付近が引き続き高気圧の張り出しとなり、9日の渡島・桧山地方は気温が上がった。気象庁の速報値によると、北斗市本町で31・0度、木古内町30・6度、函館市美原と八雲町八雲で30・4度を観測し、真夏日となった。函館で9月に2日続けて真夏日となったのは2年連続。
 函館では8月30日から9月2日まで秋を感じさせる気温に下がっていたが、3日から夏日が続いている。この寒暖差が影響したのか、大沼国定公園の遊歩道脇では、釣り堀の看板の下に植えられた芝桜が十数輪咲き始めた。同釣り堀の運営を担当する川村幸治さんは「8日に気が付いた。このような狂い咲きは初めて」と驚いている。大沼では修学旅行生も普段と違う季節に増えており、芝桜もにぎやかになった歩道脇を彩っているようだ。
 函館地方気象台によると、10日は前線などの影響で大気の状態が不安定となり、雨や雷となる。(山崎純一)

      社会











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      東京2020 オリンピック【速報】

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト