• 採用情報
    函館新聞社

22日昼前まで大雨の恐れ

 函館地方気象台によると、渡島・桧山地方は22日昼前にかけて、1時間に50ミリの非常に激しい雨の降る所がある見込み。大雨による低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒を呼び掛けている。また同日夕方まで、竜巻などの激しい突風、落雷、ひょうとなる恐れがあり、屋外での活動や農作物の管理などに注意が必要。
 気象庁の速報値によると、函館では同日午前6時ごろ、1時間に25ミリの雨が降り、未明から明け方にかけて雷が発生した。北海道電力によると、雷の影響で、北斗市の一本木、久根別、萩野、東浜の一部で同3時ごろから同7時45分ごろまで停電が発生した。
     ◇
 気象庁によると、強い台風20号は22日午前9時現在、父島の南南西を北西に進んでおり、23日から24日にかけて本州の四国周辺から西日本を通過し日本海に抜け、25日には北海道の西に接近する見込み。最新の進路状況に注意を呼び掛けている。

      社会

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会