• 2019年版公開
    写真プロジェクト
  • プレゼント
    花火大会観覧席
  • 採用情報
    函館新聞社

市電初の広告電車724号車がさよなら運行 ファン別れ惜しむ

 函館市電最初の広告電車「724号車」が30日、最終運行を迎えた。「さよなら運行」として最後にまちを駆け抜け、大勢の市電ファンらが別れを惜しんだ。
 始発の駒場車庫には、出発前から約30人のファンが集結。盛んにシャッターを切り、最後の雄姿を写真に収めていた。
 最終運行の乗客先着100人には、これまで724号車の車体を彩った広告を紹介する記念乗車証明書が配られた。車体横には、ガス会社前―五稜郭駅前間など廃止路線も記した行き先表示板が飾られ、ファンを喜ばせた。市内の会社員、武田実さん(57)は「710形で導入された最後の車両がなくなると思うと、とても寂しい」としんみりした様子で話した。
 市電の広告車両は1975年に登場し、724号車が先駆け。最初のスポンサーは旧彩華(さいか)デパートだった。市企業局交通部によると、最終運行について、当時デパートで働いていたという人からの問い合わせも複数あったという。引退後は、保守用の部品を残して廃車となる予定。(山田大輔)

      社会

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      お知らせ

      イベントカレンダー

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      大学進学説明会2019