• 花火招待券プレゼント
  • 6月のプレゼント
    花火大会観覧席・映画鑑賞券
  • 7月14日
    函館港花火大会
  • 求人情報
    エンジニアスタッフ

「北斗星広場」整備進む 6月オープン

 【北斗】茂辺地地区創生会議(宗山幸夫会長)は、JR寝台特急「北斗星」の車両保存が行われている旧茂辺地中グラウンドを「北斗星広場」として観光スポットにしようと、整備を進めている。飲食・物販を行うためのコンテナハウスやウッドデッキを設置しており、6月中のオープンを目指している。
 北斗星は2015年に運行を終了。「北斗」の名を冠する客車を保存し、町おこしにつなげようと有志団体「北斗の星に願いをプロジェクト推進委員会」(澤田導俊代表)が発足し、同委員会が昨年7月31日から一般公開を行っている。
 「茂辺地地区創生会議」は人口減少・少子高齢化の進む同地区の課題解決を目指す地域住民による組織で、本年度から北斗星広場の整備のほか、地域交流サロン事業を始めている。
 市は茂辺地地区の創生事業として本年度の予算に2300万円を計上しており、予算を活用し、同プロジェクトのメンバーが創生会議に参加する形で北斗星広場の整備が始まった。4月に始まった工事は地元の工務店や建設業者を中心に進められており、週末には創生会議のメンバーもペンキ塗りなどの作業に参加し、オープンに向けた整備が進められている。
 整備後はコンテナハウスでラーメンや軽食などの提供を行う。また、トイレも設置され、観光客らがより快適に過ごすことができるようになるという。車両の一般公開は整備終了後、従来通り週末を中心に行う。
 宗山会長は「(星に願いを)プロジェクトのメンバーや市と協働して北斗星をきっかけに訪れた人に茂辺地の良さを知ってもらいたい」と話している。(大谷健人)










      最新記事











      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 建設中の共同住宅で火災 函館市大川町
      2. 男子函大有斗、女子函工Ⅴ ハンド高体連支部大会
      3. 日本銀行人事(17日)
      4. 北海道銀行人事(21日、関係分)
      5. 函館市議会一般質問 一問一答(11日)
      6. 早食いでもメタボ抑制? 1日1杯以上のコーヒー
      7. 新幹線乗り入れ、改めて意欲 大泉市長「活性化の起爆剤」 市議会
      8. 多彩な業種、お試し出店 15、16日に西部地区チャレンジショップ
      9. 桧山の小中男女、全道トップ 全国体力テスト エキスパート教員配置で成果
      10. 自動車整備の振興に寄与、3社たたえる 函館運輸支局

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      6月13日の紙面

      SNS公式アカウント

      6月13日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト