• 函館新聞デジタル
    ご購読申込はこちら
  • 2024年春
    人事・本社来訪
  • 4/19
    函新ウイークリーレビュー
  • 参加者募集
    写真の日プロジェクト
  • 求人情報
    総務経理スタッフ、記者

旧幕府軍戦没者しのぶ 碧血碑前祭に80人参列

 函館碧血会(大谷仁秀会長)は25日、箱館戦争(1868~69年)をはじめとする戊辰戦争の旧幕府軍戦没者を慰霊する碧血碑前祭を函館山の麓にある同碑前で開いた。関係者や市民ら約80人が参列。戦いから150余年の歴史に思いをはせ、戦死者の霊を慰めた。
 箱館戦争の終結後、市中に放置されていた旧幕府軍戦死者の遺体を箱館の侠客、柳川熊吉らが奔走して実行寺などに埋葬。1875(明治8)年、榎本武揚らが尽力し、碧血碑を建立した。同会は、6月25日を戦いが終わった日として毎年法要している。
 この日は、実行寺(船見町)の望月正寿副住職ら僧侶4人が読経し、碑の周りに白いマーガレットを散華。参列者が焼香し、静かに手を合わせた。東京在住の浪曲師の東家一太郎さんと曲師(三味線)の東家美(みつ)さんは、碧血碑建立のいきさつを描いた「五稜郭始末記」の「義侠熊吉」を奉納。「仏に敵も味方もない」と遺体を回収し、奔走する柳川の姿を情感込めて演じた。
 戦場で敵味方なく傷病兵の治療にあたった高松凌雲の妹が曾祖母にあたる高松省三郎さん(71)は「前から来たいと思っていた。ようやく実現できてうれしい」と、福岡県から初めて参列。榎本のひ孫の榎本隆充さん(88)とやしゃごの隆一郎さん(61)は東京から来函。隆一郎さんは「歴史はそのままにしていると埋もれてしまう。次の代に受け継いでいくことが大事。こうしてみなさんに毎年集まっていただきありがたい」と話していた。(早坂直美)










      最新記事











      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医4月21日

      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 函館港にダイヤモンド・プリンセス 今季初入港
      2. ライトアップ初日を楽しむ 函館公園と五稜郭公園で花見電飾
      3. 女性の顔面殴った疑いで男逮捕
      4. 北斗陣屋桜まつり サクラ咲かずも盛況
      5. 遺愛高生が英語でおもてなし 今年初の客船ボランティア
      6. 函館高等技術専門学院で入学式 30人が技術者へ歩みだす
      7. 函館市、IT導入企業に補助金 申請受け付け
      8. いかぽっぽ/奉行所で5月17~19日に箱館戦争上映会
      9. きじひき高原パノラマ展望台オープン 来場者が絶景満喫
      10. 土曜トーク/国立函館病院看護師・河村亜紀子さん(39)「手探り状態で医療支援」

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      4月21日の紙面

      SNS公式アカウント

      4月21日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト