• 特集
    秋の高校野球
  • 採用情報
    函館新聞社

朝市にミニ水族館 7月から/「はこだて海の教室」

 函館朝市に近海を模したミニ水族館が出現―。はこだて海の教室実行委(会長・菅原雅仁十字屋社長)は7月15日から、函館朝市えきに市場「いか釣堀広場」に大型水槽4基を設置する。子どもに国内屈指の「海の街・函館」を身近に感じてもらうのが狙いで、朝市の魅力づくりの一環。日本財団(東京)が推進する「海と日本プロジェクト」の採択を受けた。
 大型水槽4基(幅120センチ×高さ60センチ)は、それぞれテーマを設定。対馬暖流水槽は、江差方面のメジナやホンベラ、イシダイ、マアジ、ウミタナゴなど暖かい海にすむ魚種を展示する。函館市南茅部沖を流れる親潮水槽はクロソイ、エゾメバル、ホッケ、ヒラメなど冷たい海の魚たちがそろう。北斗市七重浜に面した砂地水槽はマガレイ、マハゼ、アナゴ、トラザメなど砂泥帯の魚が中心。函館市志海苔町の岩礁水槽はニジカジカ、クロソイ、アイナメなど岩場で暮らす魚種を集める。いずれも地元漁業者の協力を得て採集する。イベント終了後も常設展示する考え。
 また、朝市の5カ所に小型水槽(幅60センチ×高さ30センチ)を設置。えきに市場の既存いけすに解説板を設置し、展示水槽に見立てる。7月15日~8月15日には、小学生を対象に小型水槽5カ所を巡るクイズスタンプラリーも実施予定。
 このほか、6月16日~9月14日に、海に関する子ども向け9講座を延べ12回開催(4、5月は開催済み)。全て無料で、小学生計200人の参加を見込む。
 函館は水族館がなく、子どもが海に親しむ機会があまり多くない。菅原会長は「子どもたちと海の接点を生み出す機会としたい」と期待を込める。函館駅二商業協同組合の藤田公人理事長は「朝市に足を運び、魚と触れ合うことで魅力アップにつなげたい」と話す。(山崎大和)

      お知らせ

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      お知らせ

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      Moora