函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 8月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 新コンテンツ
    DONAN RESEARCH
  • 豪雨災害
    義援金受け付け中
  • 特集
    コロナ禍に思う
  • クマ出没マップ
    出没マップ

クリスマスファンタジー開幕、花火とツリー輝く

 函館の冬を彩る「2019はこだてクリスマスファンタジー」(実行委主催)が11月30日、金森赤レンガ倉庫前の特設会場で幕を開けた。オープニングセレモニーでは打ち上げ花火とともに巨大ツリーが輝き、訪れた観光客や市民らを魅了した。
 ツリーは例年、函館市の姉妹都市カナダ・ハリファックス市からモミが贈られているが、今年はハリケーン被害のため道有林からトドマツの提供を受けた。
 セレモニーは「JALベルスター」によるハンドベル演奏で幕開け。つづいてナディア・ブルジェー在日カナダ大使館首席公使、工藤寿樹函館市長、久保俊幸函館商工会議所会頭、柳沢政人実行委員長らがカウントダウンし、「メリークリスマス!」の掛け声とともにツリーが点灯。同時に花火が打ち上げられ、来場者は歓声を上げていた。
 北斗市中野通の介護福祉士、佐藤勇人さん(27)は、「巨大ツリーを初めて見たのは小学2年生の時。今は幼稚園に通う子どもと来ているが、何度見ても感動する」と話していた。
 イベントは12月25日まで。ツリーは期間中、午後4時半~同5時45分、同6時~同10時の2回点灯する。(神部 造)

      イベント・セミナー











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト