スカイランタン、大沼を幻想的に 湖水まつり開幕

 第109回大沼湖水まつり(七飯大沼国際観光コンベンション協会主催、町共催)が28日、七飯町の大沼国定公園広場で開幕した。慰霊祭や灯籠流し、花火大会が行われ、霧が立ち込めた湖面と空を、淡い光が照らした。
 灯籠行列は、大沼国際交流プラザを出発し、同協会の小泉真会長、中宮安一町長を先頭に約100人が参加。会場では慰霊祭がしめやかに執り行われ、参列者が焼香し手を合わせた。
 午後7時ごろから灯籠を湖面に流し、初企画のスカイランタンが200個以上、一斉に空に打ち上がった。幻想的に浮かんだオレンジ色の光に、訪れた人から大歓声。札幌から函館の祖母宅に遊びに来ていた佐藤かりんさん(10)は「映画の世界みたいできれいだった」と笑顔で話していた。
 29日も午後2時にスタートし、吹奏楽やロックバンドの演奏のほか、同7時からは歌手の山口ひろみさん、兵庫ケンイチさんが登場。同8時から灯籠、スカイランタン、花火の競演が見られる。(稲船優香)

      イベント・セミナー

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月22日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会