函館野外劇 最終日満員御礼、全8回公演終える

 市民創作函館野外劇「星の城、明日に輝け」の第31回公演が11日、今季の全日程を終了した。7月13日の開幕以降、全8回の公演を順調にこなし、最終日は超満員の608人が来場。期間中、2669人の観客が函館の歴史スペクタクルを満喫した。
 国特別史跡の五稜郭を会場に1988年から市民の手によって続いている。2014年以降、石垣崩落の影響で会場は縮小したが、今年は昨年同様、一の橋広場と堀を挟んだ郭内の一部を活用した。
 最終日は座席が足りず、ブルーシートを敷いて対応するなど、この2年間では最多の観客数となった。函館山の噴火から第2次世界大戦まで、「星の城・五稜郭」が見守ってきた未来へと続く函館の歴史で観客を魅了。フィナーレでは「星のまち HAKODATE」の大合唱で劇を完成させた。
 終演に当たり、NPO法人市民創作「函館野外劇」の会の中村由紀夫理事長は「大観客を前に出演者もだいぶ熱が入った。シナリオは一緒だが、少しずつ内容の充実を図り、工夫を凝らしている。また来年もここでお会いできること願っています」と締めくくった。
 函館中島小学校6年の布施拓真君(12)は「ペリーの来るところが印象に残っている。函館の歴史を知ることができて勉強になりました」と話していた。(今井正一)

      文化

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月26日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会