函館新聞電子版

道南飲食店には時短要請 札幌などは休業 鈴木知事

 【札幌】鈴木直道知事は26日の定例記者会見で、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が27日から道内へ発令されることを受け、札幌市、旭川市、小樽市と石狩管内の酒類を提供する飲食店に休業の強い措置を要請し、道南を含むその他市町村は飲食店の営業を午後8時、酒類提供を同7時までとするよう要請する方針を表明した。期間は9月12日まで。
 26日の対策本部会議で道独自の対策を決めた。北海道への緊急事態宣言は昨年4~5月、今年5~6月に続き3回目で、政府が25日に対象地域への追加を決めていた。
 知事は、札幌や旭川など10市町村を「特定措置区域」に指定し、酒類やカラオケを提供する飲食店に休業を要請。百貨店など大型商業施設は営業を午後8時までとする。高校では、同4時までの完全下校を徹底することも求める。
 道南を含む169市町村は「一般措置区域」とし、特定措置区域との往来を控え、飲食は4人以内、短時間で、会話ではマスク着用を実践するよう要請。飲食店に対し営業を午後8時、酒類提供を同7時までに短縮するよう要請する。協力した店舗には支援金を支払う。イベントの人数上限は5000人とし、営業は午後9時まで。百貨店の地下食品売り場に関し人数制限などの規制を依頼。修学旅行などの学校行事は中止、延期、縮小するよう要請する。
 知事は「感染者数を減少に転じさせるため、命を守る行動をお願いしたい」と呼び掛けた。(山崎大和)

      8月26日











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト