• 採用情報
    函館新聞社

台風21号 強風 道南各地で被害

 渡島半島付近を通過した台風21号の影響で、渡島・桧山地方は5日未明に強い風に見舞われた。気象庁の速報値によると最大瞬間風速は北斗で32・0メートルを観測し、観測史上最大を記録。このほか松前28・8メートルなど6地点で9月として過去最大となった。各地で農業や建物に被害が発生し、JR函館線で特急列車が運休する影響があった。
 リンゴの生産が盛んな七飯町の果樹園では、収穫間近だったリンゴの落果や枝折れ、葉がちぎれて飛ぶといった損害を受けた。
 リンゴやプルーン、ブドウなどを栽培するトトロの里冨原観光果樹園(冨原孝一代表)では、リンゴなどの果実が多数落果したほか、ブドウハウスの屋根の一部が飛ばされるなどし、関係者が早朝から被害の確認作業や修理に追われた。
 冨原代表(84)によると同園では、リンゴで全体の3割ほどが落ち、収穫間近の「つがる」などで被害が大きいという。「昨夜は風の音がすごくて、リンゴがすべて落ちるかと不安だったが、思ったほどの被害はなく、昨年の台風18号(9月)よりは少ない」と話していた。
 JA新はこだてなどによると、管内の一部地域でネギに曲がりや折れが発生したり、スイートコーンやデントコーン、水稲などが倒れたりしたという。このほか知内町でビニールハウスのパイプが曲がったり、ビニールが破れたりする被害も数件確認されている。
 漁業関係は5日現在、大きな被害は確認されておらず、関係機関が被害状況の把握を急いでいる。
 函館地方気象台によると、渡島・桧山地方では6日、大気の状態が非常に不安定となるため、竜巻などの激しい突風や落雷、ひょう、急な強い雨となる恐れがあり、注意を呼び掛けている。
(野口賢清、山崎純一)
   =15面に関連記事

      9月 5日の記事

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医11月18日付け
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月18日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会