• 採用情報
    函館新聞社

臥牛山1月31日・一家団らん

 暗い話題が続くとき、ふと思い出す歌がある。「たのしみはまれに魚煮て児等(こら)皆がうましうましといひて食ふ時」。幕末に活躍した国学者で歌人、橘曙覧(たちばなのあけみ)の「独楽吟」の中の一首▼3歳の男の子が、母親の同居男性に「かかと落とし」などの暴行を受け、死亡した。幼児虐待事件の一方で、廃棄処分の食材が市場に出回る、食の安全を揺るがす事案が次々と明るみになる▼曙覧の生活は貧しさに包まれていたようだが、独楽吟では清貧の中での暮らしの楽しさが歌われている。「うましうまし」と魚を食べる子どもへの優しいまなざし。親の愛情、幸福感が伝わる▼「団らん」を辞書で調べると「家族など親しい者同士が集まり、なごやかに時を過ごすこと」とある(新明解国語辞典第七版)。勝手なイメージだが、「一家団らん」には丸いテーブルを囲んで、笑顔で話しながらはしを動かす親子の姿が思い浮かぶ▼6月、函館で初めて「日本さかな検定」が開かれる。「魚ほどいわれやうんちくを語る食材はない。魚食文化の魅力を検定で再発見してもらえば」と主催者。食事の話題の中心が父親のうんちく。遠い時代の話のようだが、食への関心と家族の絆の深さは結び付く。(Z)

      臥牛山

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医11月18日付け
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月18日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会