函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 採用情報
    函館新聞社
  • クマ出没マップ
    出没マップ

北斗市出身の澤田選手 スペイン留学経験生かしJ2に挑戦

 5年間にわたってスペイン留学した澤田将選手(17)=北斗市出身=がサッカーJ2のFC琉球(沖縄県)に入団し、今季プロとして一歩を踏む。澤田選手は「プロからオファーを受けてうれしさと、スペインを離れる寂しさがあった。まずは試合に出ることを目標にしたい」と謙虚に意気込みを語った。(小林省悟)
 小学3年生からサッカーを始め、4年時に七飯町東大沼多目的グラウンド(トルナーレ)で開かれたレアル・マドリードのキャンプに参加したことが転機だった。全国各地で開催している同キャンプの選抜選手に選ばれたことで、海外でのプレーを強く意識し、留学を決意。父・暁さんの厳しい指導のもと、小学6年で少年団のフロンティア・トルナーレFCを離れ、単身スペインに旅立ち、リーグ2部CEサバデルFCの下部組織に入った。
 「同じ年代でも体のつくりやプレースタイルの違いに驚いた」。フィジカルだけでなく、トラップの正確さ、ポジショニング、球際とすべてにおいてすごさを感じたという。慣れない環境と言語にも苦労した。1年目はベンチ外が多く、試合に出られず、つらい日々を送った。「とにかくプレーで示すしかない」とがむしゃらに努力を続けた。
 少しずつ環境に慣れ、言語を1年半で覚えた。2年目からサイドハーフとしてレギュラーをつかみ、持ち前の瞬発力と独特のドリブルを武器に、培った判断力で活躍。3年目からは主将を任されるほどに評価された。5年間で2家族にホームステイし、「本当の子どものように接してくれた」と感謝する。
 6月に現地の高校を卒業する予定で、昨年から進路を考えていた矢先にオファーを受けて帰国。11月中旬に内定をもらい、すでにチームの練習にも参加し、「プロとアマの差はあったが、広い視野でパス、ボールの受け方など手応えも感じることができた」と目を輝かせた。
 17歳で身長177センチ、体重63キロと伸びる要素は十分にある。「まずはJ2に出て、次はJ1を目指す。将来は海外に行って、チャンピオンズリーグに出られるチームに行きたい」と夢を膨らませる。

      サッカー・フットサル











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト