• 採用情報
    函館新聞社

北斗でバドミントン五輪代表、佐々木翔選手の壮行会

 【北斗】8月5日に開幕するリオデジャネイロ五輪バドミントン日本代表で、北斗市出身の佐々木翔選手(トナミ運輸―上磯中出)の地元有志壮行会が17日、市総合文化センターで開かれた。佐々木選手はリオ五輪を「競技人生の集大成」と強調、全力で一戦に臨むと表明した。
 佐々木選手の帰省に合わせ急きょ企画、約250人が集まった。幹事役の川上義洋さんが「経験を出し切って精いっぱい羽ばたいてきて」と励まし、来賓の高谷寿峰市長が「2大会連続出場は日頃の精進のたまもの。ロンドン五輪(5位入賞)の雪辱を期し、メダルを目指して頑張ってほしい」と述べた。
 有志から佐々木選手に対し、活動資金と応援旗を贈り、大会での活躍を願った。佐々木選手は「競技人生の最後」とリオ五輪を位置付け、「地元の皆さんに温かく迎えられて感謝の気持ちでいっぱい。恩返しするつもりで頑張ってきたい」と力を込めた。五輪に向け、18日に東京での合宿が始まるとした。(山崎大和)

      バドミントン

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会