• 採用情報
    函館新聞社

(荒井三津子さん・暮らしのパレット)「五感」

 最近は大学でもJRの駅でも、スマホ片手にポケモンを探す学生が大勢目に入る。生命科学の講義ではイキモノの面白さや命の不思議などを力説したが、彼らは架空のイキモノに興奮している。情けない。
 イキモノの定義は試験に出るよと伝えたので、学生たちはそれなりに解答するだろう。だが本当にイキモノのスゴサを理解できているかは甚だ疑問である。アプリ「LINE」でのコミュニケーションは、絵文字やスタンプを多用して瞬時にできるが、人の目を見て話すことや、文章で相手に気持ちを伝えることは実に下手である。
 ヒトという動物が獲得した五感を駆使して得る感動や伝える技術を、若い世代は知らないのではないだろうか。画面越しのコミュニケーションやイヤホン越しの感動など、たかが知れている。偏見だろうか?
 文字通り貧乏症で休暇とは無縁で生きてきた。だが先日、べこ餅の調査で小樽に向かった際、あまりの天気の良さに積丹まで足を伸ばしてみた。大人になってから初めての積丹半島は幼い日の記憶の中のそれよりもはるかに壮大で美しかった。潮の香りも髪を撫(な)でる風も、私同様に感動する大勢の観光客の歓声も、何もかもが新鮮だった。
 日々の雑務に追われて心身ともに煮詰まっていたような気がした。なんとか時間を作って五感磨きを忘れないようにしよう。そうでなければうっかり画面の向こうの架空のイキモノにも心ときめいてしまうかもしれない。マズイマズイ…(生活デザイナー)

      暮らしのパレット

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医11月18日付け
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月17日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会