• 6/14
    函新ウイークリーレビュー
  • 花火招待券プレゼント
  • 6月のプレゼント
    花火大会観覧席・映画鑑賞券
  • 7月14日
    函館港花火大会
  • 求人情報
    エンジニアスタッフ

観光アプリ続々、市は「函館NAVI」、昭文社は訪日客向け

 函館市は、スマートフォン(スマホ)向けの無料情報アプリ「函館NAVI(なび)」を公開した。ルート検索では、端末のGPS(衛星利用測位システム)機能と連動し、現在地から目的地までの移動手段として、市内を中心とした路線バスと市電、徒歩を組み合わせた複数の候補から所用時間や料金を検索できる。
 JR函館駅と五稜郭タワーに2013年に設置した大型情報端末「函館インフォメーション」のシステムをスマホやタブレット端末向けに再構築。開発事業費は昨年度予算で390万円を充てた。
 ルート検索機能は、バス事業者や市電のダイヤ情報を基に構築。地図上に主だったスポットやバス停の位置から出発地、目的地を選択できるほか、任意の場所を指定して、経路や所用時間、移動手段を調べることもできる。
 施設情報などは、市の公式観光情報サイト「はこぶら」とも連動し、取得できるようにした。災害時対応として、避難所位置などを表示するハザードマップとしての利用も可能だ。青森市版のアプリをダウンロードした端末では、「青函連携」を選択すると表示を切り替えることもできる。市経済部中心市街地再生担当は「観光客だけではなく、市民にも利用してもらいたい」としている。
 一方、地図やガイドブックを発行する「昭文社」(東京都千代田区)は、訪日外国人観光客向けの無料アプリ「DiGJAPAN!(ディグジャパン)」に函館地区の情報を追加した。
 訪日前の事前情報収集や、来日後の観光に役立つコンテンツをまとめたアプリで、英語、韓国語、中国語(繁体字、簡体字)、タイ語に対応し、国内31エリアの情報を掲載。特にタイや台湾で人気がある各国別の「フェイスブック」ページ、総合的なホームページとも連動し、それぞれの国民の趣向やニーズをとらえた最新情報を発信している。
 同社の広報担当は「訪日客向けというのが第一義だが、今後も掲載エリアを拡大していくので、国内旅行をする際にも役立ててほしい」としている。(今井正一)










      最新記事











      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 函館に縄文拠点施設設置へ 道が素案 世界遺産センターに相当
      2. 窃盗容疑、中学教員を再逮捕 桔梗中でも発電機など
      3. 丸八石黒商店が破産開始決定 負債総額5000万円
      4. 老舗味めぐり 1962年/そば処 江戸八
      5. バジェット・レンタカー函館空港店/函館市民も気軽に利用を
      6. クマ目撃情報(七飯)
      7. 森町地域公共交通会議 函館バス砂原線廃止の意向
      8. 再発防止、対策に全力 八雲バス事故から1年
      9. 椴法華小で学年閉鎖 コロナ感染
      10. いかぽっぽ/遺愛女子中でオープンスクール、生徒たちと交流も

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      SNS公式アカウント

      6月19日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト