大沼、駒ケ岳の平穏祈る 観光シーズン前に安全祈願祭

 【七飯】大沼国定公園安全祈願祭(七飯大沼国際観光コンベンション協会主催)が22日、駒ケ岳神社で開かれた。中宮安一町長や小泉真会長をはじめ、地域住民ら約70人が、本格的な観光シーズンを前に大沼、駒ケ岳の平穏と無事故を願った。
 祈願祭では関係者が玉ぐしを奉納。中宮町長は「昨年は夏場の天候不順で大沼を訪れる観光客が減ったが、これからは道の駅や大沼公園、新幹線総合車両基地のコラボレーションによって観光客を呼び込みたい」とあいさつ。小泉会長も「豊かな自然を守りながら大沼を盛り上げていく」と決意を述べた。
 その後、参列者らは恒例の湖畔周遊道路のごみ拾いを行った。自然公園財団大沼支部や山川草木を育てる集い大沼本部のメンバー、大沼地区の小、中学生ら計約150人が協力し、心地よい日差しを浴びながらポイ捨てごみを拾い集めた。(蝦名達也)

      観光

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月23日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会