函館新聞電子版

  • 特集
    函新杯アイスホッケー
  • 1月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社

11月スルメイカ 取り扱い前年同月上回る 今季累計は最低

 函館市農林水産部がまとめた市水産物地方卸売市場の11月の生鮮スルメイカ取扱量は前年同月比2・6倍の98トンとなり、漁解禁の6月以来5カ月ぶりに前年同月を上回った。ただ、6~11月の累計取扱量は同32・7%減の556トンと、統計が残る2005年以降最低が続いている。漁はすでに終盤に入っており、今季の取扱数量が過去最低となるのは避けられない見通しだ。
 11月の生鮮スルメイカの1キロ当たりの単価は、同10・5%高の844円と高値で推移したものの、前月からみると100円以上値を下げた。取扱金額は同2・8倍の8271万円。6月からの累計は1キロ当たりの単価が前年同期比29・4%増の899円、取扱金額は同13%減の4億9978万円となっている。(野口賢清)

      一次産業

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト