函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 6月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 特別企画
    新型コロナに負けない!
  • 新型コロナで頑張る人へ
    メッセージ募集
  • クマ出没マップ
    出没マップ

全国リンゴ研究大会最終日 みやご果樹園など視察

 【七飯】道内外のリンゴ生産者が一堂に会して情報交換や親睦を深める「全国リンゴ研究大会」(実行委など主催)は最終日の4日、七飯町内の3果樹園を視察し、町内のリンゴ生産農家の取り組みなどを見て回った。
 町鳴川3の宮後英子オーナー(66)が運営する「みやご果樹園」では、約350アールの敷地でリンゴを中心にプルーンやブルーベリーなどを栽培。このうちリンゴは98%が木を小さくすることで高品質、高収量を可能にする「わい化栽培」を導入している。また一部では高密植栽培にも挑戦しており、関係者がリンゴの成長具合などを入念に確認していた。
 同園では食味を重視し、完熟果実の収穫を徹底している。また収穫の早い「つがる」や「昴林」などを主体にオーナー制を実施しているほか、自宅や道の駅なないろななえで顔の見える販売に取り組んでいる。宮後さんは「労働力の確保が難しくなっていて、省力化技術にとても関心がある。他地域産と比べると栽培に手がかかることから、価格面でも課題はあるが、消費者に理解を求めながら少しでも努力していきたい」と話している。(野口賢清)

      一次産業











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      イベントカレンダー

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト