• 函館新聞デジタル
    ご購読申込はこちら
  • 3月のプレゼント
    映画鑑賞券
  • 3/1
    函新ウイークリーレビュー
  • 求人情報
    記者、マーケティングスタッフ募集

昨年の倍4000匹投入 江差のサーモン養殖2年目

 【江差】ひやま漁協や町などでつくる江差地域漁業振興実証計画地域協議会の今年度トラウトサーモン(ニジマス)の海面養殖実証事業が5日、江差港南ふ頭付近で始まった。今年は、昨年の倍の4000匹を投入する。
 近年の海水温上昇などによる環境変化や、漁業者の減少・高齢化で漁獲数の減少が続いていることから、漁業経営の安定と育成を図るため、トラウトサーモン養殖漁業の事業化を見据え、同漁協を事業主体とする実証試験に昨年から取り組んでいる。飼育は同漁協江差支所サーモン部会(若山恭也部会長)が担う。
 この日は八雲町熊石からトラック2台で運んだ体長約40センチ、重さ約750グラムの1年育成した幼魚約2000匹を、トラック荷台のタンク内で淡水から海水に慣らす馴致(じゅんち)作業を約1時間50分かけて行った。港湾内に設置した直径20メートル、深さ3メートルのいけすに、トラックの荷台から大型の管を通してニジマスを投入した。
 養殖2年目を迎え若山部会長(33)は「今年の水揚げは2キロ主体だったので、来年は1キロアップした3キロ超えの魚を1本でも多く出せるように、餌やりを半年かけて頑張っていきたい」と意気込んだ。
 6日も引き続き作業を行い、残り2000匹を同じいけすに追加する。水揚げは5月末ごろを予定している。(入江智一)










      最新記事











      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 3月なのに…道南大雪 函館積雪27センチで今季最深
      2. 雪崩で八雲の男性死亡 島牧の東狩場山 スノーモービルで走行中
      3. 海中転落、男性救助 命に別条なし 北斗漁港
      4. 存続校除き慎重論一定数 函館6小学校再編アンケート 通学路の安全「心配」
      5. 新センター、大町に開設 「臨床福祉」の後継 社会人向け介護人材養成
      6. 附属中3年柴田桜さん全国1位 ドリマトーンのコンクール
      7. 函館市電 脱線事故のため部分運休
      8. 企業探訪/竹田食品
      9. 傷害の疑い、土木作業員の男逮捕
      10. 感謝忘れず新たな道へ 市立函館病院高等看護学院で卒業式

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      SNS公式アカウント

      イベントカレンダー

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト