駅前通整備方針 緑豊かで風格ある通り

 函館駅前・大門地区の活性化につなげる函館駅前通(国道278号)の整備方針がまとまった。高さ9メートルのシンボル照明柱や、集魚灯をモチーフとした歩道照明を配置するほか、街路樹の候補には、高木3樹種を絞り込んだ。玄関口にふさわしい風格あふれるメーンストリートを創出する。
 対象区間は若松町の国道278号起点から松風町方向に400メートル。2012年度にまとめた中心市街地トータルデザイン(TD)を基に市や函館開発建設部、道警、函館都心商店街振興組合など関係者で協議を進めていた。
 シンボル照明柱は建設中の再開発ビル「キラリス函館」と棒二森屋アネックス前に1基ずつ設置。上部に行くほど広がる閉じた扇子を立てた形状で、大門の新たなゲートの役割を持たせる。歩道用照明は高さ4・5メートルの照明柱と高さ7・5メートルの路面電車用の吊架線共架柱に取り付けられ、異なる役割の柱が違和感なく連続するよう配置する。
 街路樹は落葉高木のイタヤカエデ、シナノキ、ハルニレの3樹種から整備最終年までに決定する。歩道上29カ所に植栽を予定し、緑あふれる空間を創出する。
 駅前通では昨年9月に同組合がアーケードを撤去。同11月から同開建による電線類地中化に向けた工事が始まり、本年度はキラリス前から140メートルの区間、新年度は棒二側の220メートル区間を予定。舗道のレンガ舗装を含め、照明、街路樹整備は同工事に合わせて進められる。
 市は新年度予算案に駅前通整備関係経費として、街路灯や歩道舗装などのグレードアップ分の整備費4883万円を計上。市経済部中心市街地再生担当は「緑あふれる通りを、ゆったりと楽しい気分で歩いてもらえるよう整備を進めたい」としている。(今井正一)

      政治・行政

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月22日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会