• 函館新聞デジタル
    ご購読申込はこちら
  • 2/23
    函新ウイークリーレビュー
  • 求人情報
    記者、スタッフ募集

市と道が戸井地区のイワシ除去作業開始 完全撤去めど立たず 100人態勢

 函館市浜町を中心に砂浜に大量のイワシが漂着した問題で、市と渡島総合振興局は9日、魚の死骸の除去作業を始めた。緊急的な対応として100人態勢で手作業の回収を行い、6台のゴミ収集車で運搬、日乃出清掃工場(日乃出町)で焼却処分する。打ち上げられたイワシは広範囲に渡り、数千トン規模の膨大な量のため完全撤去の見通しが立たず、市は、11日以降の作業工程について重機の活用も含め検討している。
 7日に判明した大量のイワシ死骸の処理は長期化する見込み。周辺環境の公衆衛生のため、市と道は連携し、早急な対応を進めている。市の松浦眞人農林水産部長は「まず、迅速にできることから開始している。1日も早い完全撤去を目指すが、人海戦術にも限界があるため、重機投入も実施したい。焼却処理の問題もある」と述べた。市によると、悪臭被害などの報告は現状ないが、市と道は焼却処理の方法や、費用面の問題を協議中としている。
 午前9時からの撤去作業には、大泉潤市長も視察に訪れた。戸井漁協は「漁への影響は現状把握できていないが、港内にもイワシの死骸が流れ込み、8日はタモ網ですくい上げ、約25トン処理した」とした。
 作業現場を訪れた小安町の無職男性(81)は「50年以上戸井地区に住んでいるが、こんなことは今までなかった。市や道の職員に懸命に作業してもらい、ありがたい」と感謝した。除去作業は10日も同じ規模で行う。(竹田 亘)










      最新記事











      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 酒気帯び運転の疑いで40歳男を逮捕
      2. 男性にコップ投げ顔にけが負わせた疑いで女逮捕
      3. 人気のパン求め盛況 「ほっくる」で催し
      4. 乗用車が住宅に衝突、男性死亡
      5. IMALUのグルメ甲子園に七飯町3品出品 人気投票「参加して」
      6. HAC、函館―丘珠線を3月15日から増便
      7. 「OMO5函館」7月6日開業 星野リゾート、若松町に
      8. 福島の海岸にシカの死骸 クマに襲われたか
      9. 中学生が白熱ラリー 卓球・道南学年別大会
      10. 「北のハイグレード食品2024」に道南から6品認定

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      SNS公式アカウント

      2月27日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト