函館新聞電子版

小林亜星さん死去、函館からも惜しむ声 開港150記念ソング制作

 5月30日に死去したことが分かった作曲家の小林亜星さん(享年88)は、2009年、函館開港150周年に合わせた記念ソング「あれから そして今」の作曲を手掛けた。当時、開港150周年事業に携わった函館市の関係者からは、小林さんの死を悼む声が聞かれた。
 記念ソングの制作は開港150周年のメーン事業の一つで、市民らから歌詞を募集。全国から寄せられた歌詞を紡ぎ合わせ、小林さんが曲に仕上げた。同年7月1日に市民会館で開かれた記念式典では小林さん自ら指揮し、函館合唱連盟のメンバーらが高らかに歌い上げた。
 小林さん側との交渉を担当した元副市長の谷沢広さん(72)=北海道食品開発流通地興代表理事=は「過去の実績などから小林さんにお願いしたが、『はこだて賛歌』のように広く市民に愛され、まちの財産にしようと作った。小林さんはフレンドリーな方で、親しくお話をさせていただいた」と惜しみ、楽曲が今後も語り継がれていくことを願った。(千葉卓陽)

      社会











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      東京2020 オリンピック【速報】

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト