函館新聞電子版

函館でササラ電車初出動 道南各地で厳しい冷え込み

 北海道付近が冬型の気圧配置となった影響で、15日の渡島・桧山地方は冷え込みが厳しくなり断続的な雪となった。この影響で函館空港発着の航空便で欠航が出たほか、函館市電では除雪用車両「ササラ電車」が今季初出動した。
 気象庁の速報値によると、最低気温は長万部で氷点下10・5度、函館市美原同8・2度、江差同5・7度など、全地点で今季最低となった。午後6時現在の積雪は函館で10センチ、道南で最も多くなったのは八雲町八雲22センチ。
 函館市電は午後4時ごろから各電車に遅れが出たことで、ササラ電車は同じごろに駒場車庫を出庫。そのほかの除雪車両も同4~5時に西部地区の軌道を除雪した。
 函館地方気象台によると、16日の渡島・桧山地方は雪で吹雪となる見込みで、交通障害、強風、高波、低温による水道凍結に注意を呼び掛けている。(山崎純一)

      社会











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト