ニホンザルが露天風呂に

 湯川町3の函館市熱帯植物園(笠井佳代子園長)で1日、冬季恒例の「サル山温泉」が始まった。同園の人気スポット「サル山」のニホンザルが露天風呂を楽しむ姿を見ようと、市民や観光客でにぎわいを見せている。

 1971年から毎年12月ごろになると、市から供給される源泉をくみ上げている。初日からサルは身を寄せ合い、うっとりした表情で入浴し、たがいに毛づくろいなどして楽しんだ。東京からの観光客篠原勇さん(31)は「湯につかった表情が人間らしくてかわいいですね」と話していた。
 笠井園長は「摂氏30度台では入らないので、41度前後に保っている」と話す。11月25日に亡くなったサル山の長老「バアチャン」が温泉好きだったことから、「慕われていたバアチャンの定位置に誰が来るかで、次のリーダー的存在が占えると思う。観察していきたい」としている。
 サルの温泉入浴は来年5月5日まで。(半澤孝平)

      社会

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月26日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会