• プレゼント
    映画鑑賞券
  • 特集
    夏の高校野球
  • 採用情報
    函館新聞社

初夏の湖面黄金に 大沼公園でコウホネ咲く

 【七飯】大沼国定公園の湖畔では、スイレン科の「コウホネ」(河骨)の丸い花が湖面を黄金色に彩り、初夏の訪れを告げている。見ごろは7月中旬ごろまで。
 同園では、水面から空中に巨大な葉を広げる「コウホネ」と、葉が水面に浮き、花だけが空に向かって突き出る「ネムロコウホネ」の2種類を鑑賞できる。名前は、水中にある白い根が白骨に見えることに由来する。
 函館市青柳町からコウホネの写真を撮影しに来ていた高野利栄さん(66)は「夏になればほぼ毎年撮りに来ている。大沼の夏と言えばコウホネの黄色のイメージ」とほほ笑んだ。(柳元貴成)

      社会

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      7月17日の紙面

      お知らせ

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      大学進学説明会2019