• 2019年版公開
    写真プロジェクト
  • プレゼント
    花火大会観覧席
  • 採用情報
    函館新聞社

熱い志に思いはせ 新島襄の碑前祭

 函館から密出国して渡米後、京都に同志社大を創立した新島襄(1843~1890年)をしのぶセレモニー「碑前祭」が14日、函館市大町の「新島襄海外渡航の地碑」前であった。日本の将来を憂い、大海原を渡った新島の〝熱い志〟に思いをはせた。
 学校法人同志社(八田英二総長)が主催し、函館市が後援。同志社校友会函館クラブ(藤島浩会長)の会員をはじめ、札幌や青森の卒業生ら約20人が参加した。
 讃美歌を斉唱し新島の功績をたたえた後、八田総長が「新島の波乱に飛んだ生涯の原点は函館の地にある。新島の熱い志を再確認し、継承し発展させ、今後の同志社の150年、200年の大計に向け渾身の努力を続ける決意だ」と式辞。函館市の谷口諭副市長が「同志社とのつながりを大切にし、新しい令和の時代に交流が深まることを期待する」とあいさつした。
 全員でカレッジソングを歌った後、八田総長と谷口副市長が碑前に献花した。
 新島が脱国した1864(元治元)年6月14日(新暦7月17日)を記念し、碑は1954(昭和29)年に建立。函館クラブを中心に碑前祭を続けてきたが、2010年から学校法人同志社が主催している。同志社校友会道支部監事の沖浩介さん(60)=札幌在住=は「いい天気で、新島先生の足跡をたどることができて有意義だった」と話した。(山崎大和)

      社会

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      お知らせ

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      大学進学説明会2019