• 高校野球
    函館支部予選
  • 電子版
    3周年特集
  • 電子版
    3周年記念読者プレゼント
  • 特集
    函館の礎
  • 採用情報
    函館新聞社

江差の姥神大神宮渡御祭、道無形民俗文化財に指定へ

 【江差】道教委は13日に開いた教育委員会会議で、江差町で毎年8月に行われる姥神大神宮渡御祭(うばがみだいじんぐうとぎょさい)を、道無形民俗文化財(風俗慣習)に指定することを決めた。19日の道教委公報に告示される。無形民俗文化財としては7件目で、風俗慣習としては初の指定となる。
 同渡御祭は、370年余り続く道内最古ともされる祭礼で、3日間にわたり大神宮のみこしに13台の山車行列が付き従い、地域の守り神に大漁や安全、繁栄などを願う。2001年に第1回北海道遺産に認定。16年には町無形民俗文化財に指定されている。
 毎年祭りの時期には地元を離れた多くの町民が帰省するとともに、全国各地から観光客が訪れ、町内最大のイベントとしてにぎわいを見せている。
 照井誉之介江差町長は「念願だった道の指定が決まり、大変うれしい。町として伝統ある祭りをしっかりと継承するとともに、江差の魅力を対外的にアピールし、地域活性化につなげたい」と意欲を見せている。
 姥神大神宮祭典協賛実行委員会の打越東亜夫会長は「少子高齢化の影響で祭りを担う人材の不足が心配される中、道の指定といううれしいニュースが活気を取り戻すきっかけになってほしい。これからも町民一丸となって祭りを伝承していきたい」と話している。 
 江差町内ではこれまで「江差沖揚音頭」「五勝手鹿子舞」「江差追分」「江差三下り」「江差餅つき囃子」の5件が道無形民俗文化財に指定されている。(小川俊之)

      社会

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      お知らせ

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト