• 特集
    2019統一地方選
  • 採用情報
    函館新聞社

市民映画館アイリス シート新装

 函館市本町22の市民映画館シネマアイリス(菅原和博館長)は22日、館内のシートをすべて新装した。これに伴い、席数は71から66に減ったが、シートはフランスのキネット社製。菅原館長は「ゆったりとした雰囲気で映画を楽しんで」と話している。
 シート新装は1996年の開館以来初めて。旧シートは使用に耐えるものだったが、菅原館長が「市民に愛される映画館環境づくりを進めたい」と、5月の21周年を迎える前に決断した。カラーは赤から紫となり、席の右側にはジュースホルダーが付いた。昨年ヒットした「君の名は。」と「オーバー・フェンス」の影響が契機になったという。
 菅原館長は「20年の節目に、お客さまに対して還元ができた。今後も、さまざまな場面で愛される映画館づくりを進めていく」と目を細める。25日から話題作「PとJK」のほか4月からは「ラ・ラ・ランド」などが公開予定。映画監督によるトークショーや5月の21周年記念上映などイベントも目白押し。「包み込むような座り心地の新しいシートで話題作を見に来て」と来館を呼び掛けている。(半澤孝平)

      社会

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      お知らせ

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      Moora