駒ケ岳で初冠雪

【七飯、森】14日の道南は冬型の気圧配置の影響で気温が下がり、各地で10月下旬から11月上旬並みの気温となった駒ケ岳(1131メートル)の山頂部分は早朝、うっすらと雪に覆われた
七飯町大沼の高瀬宣夫さん(67)によると、午前6時ごろ、自宅から駒ケ岳を見た際、山頂の雪を確認し、大沼湖畔に出掛け撮影したという高瀬さんは毎年、駒ケ岳の初冠雪をカメラに収めている雪は午前中で解けたが、高瀬さんは「大沼の雪を見ると冬を実感します」と話していた
森町防災交通課によると、駒ケ岳の初冠雪は昨年よりも14日早い函館地方気象台によると、最低気温は森3・3度、北斗4・0で、今季最低となった

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月20日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会