• 採用情報
    函館新聞社

江差の夏熱気最高潮…姥神大神宮渡御祭閉幕

【江差】姥神大神宮渡御祭は最終日の11日、渡御(とぎょ)による上町巡行(うえまちじゅんこう)が行われ、午後10時半すぎには、13基の山車(やま)が新地町繁華街に勢ぞろいする「全山車揃(そろ)いクライマックス」に入り、3日間にわたる祭礼のフィナーレを彩った
この日の江差は午前9時に26度を超え、日差しも強い中、正午ごろに姥神大神宮を出発暑さを吹き飛ばす威勢の良い掛け声と、流麗な祭りばやしを響かせ、海岸沿いの街並みや坂が多い上町地区の約6・5キロを巡行した
午後9時ごろ、新地町に勢ぞろい華やかな電飾に彩られた山車が横一線に並ぶ「立て山」の姿勢となり、山車の周囲では下町巡行(10日)から引き手を務めた若者らが、祭りばやしに合わせて踊り回り、祭礼は最高潮に達した
10日に行われた「祭ばやしコンクール」の審査結果が11日に発表され、「新栄山(しんえいざん)」(新栄町)が優勝2位は「楠公山(なんこうやま」(津花町)、3位は「神功山(じんこうざん)」(愛宕町)、努力賞は「松寶丸(まつほうまる)」(陣屋・海岸町)と「清正山(さいしょうざん)」(本町)だった(山崎純一)

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会