露地長ネギ青々…七飯と北斗出荷始まる

【七飯、北斗】七飯町と北斗市の特産品、露地長ネギの出荷が始まった農家は連日の暑さに負けず、柔らかいネギの出荷作業に励んでいる
1・3ヘクタールで栽培する七飯町大川3の輪島正一さん(57)は、今月6日に収穫と出荷を始めた機械で掘り取り、畑で根を切った後、自宅近くの倉庫へパート従業員も含め6人で余分な葉を手で落とし、機械で圧縮空気を吹き付けて皮をむき、太さを分けて結束し箱詰めLサイズが中心で、現在は日量120~130ケース(1ケース15束入り)をJAに出荷している
輪島さんは「今年は好天に恵まれて生育は良好七飯産の長ネギは柔らかく火の通りが早いので、いろんな料理に使えるどんどん食べてほしい」と話す作業は11月中旬まで続く
七飯や北斗では、盆明けから出荷が本格化する見込み長ネギは道南の主力野菜品目の一つで、道内有数の産地となっている(山崎大和)

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月24日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会