• 採用情報
    函館新聞社

山車13台華やかに江差で姥神大神宮渡御祭開幕

【江差】道内最古の祭礼として370年余りの伝統を誇る、姥神大神宮渡御祭が9日、町内一円で始まった11日までの3日間、由緒ある地区の山車(やま)13台が練り歩き、町内は祭り一色に包まれる
ニシンの豊漁に感謝を込めて行われたのが祭りの起源といわれ、山車は京都の祇園祭にルーツがあるとされている
9日は朝から好天に恵まれ、人形や水引幕で飾った、それぞれの山車が大神宮で「魂入れ」の儀式を行い、その後、笛や太鼓の祭ばやしを奏でながら地元を回った
今年建造170周年を迎えた、道指定有形民俗文化財の山車「松寶丸(まつほうまる)」は、船頭を北広島双葉小の本間理久人君(2年)が務めた祖父の博さん(67)は「めでたいこと3日間、無事務めてほしい」と孫の晴れ舞台に目を細めた松寶丸保存会の西村孝平会長(68)は「先人に感謝しながらしっかり守っていく後世に伝承する意気込みを出して巡行したい」と話した
10日から本祭が始まり、午後1時から大神宮を出発し「下町巡行(したまちじゅんこう)」をスタートいにしえ街道を巡り、同8時ごろには愛宕町商店街に山車が並ぶ
最終日の11日は午前11時50分から「上町巡行(うえまちじゅんこう)」をスタート海岸沿いから市街地に入り、午後9時ごろには山車が新地町の繁華街に集結、3日間の祭礼の熱気は最高潮を迎える(鈴木潤)

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月15日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会