• 採用情報
    函館新聞社

ドクガの幼虫大量発生、注意呼び掛け

函館市内や近隣市町では、4月下旬から昨年同様ドクガの幼虫が大量発生しているこの影響で北斗市は、21日に予定していた市民による清掃活動「海岸線クリーン作戦」の中止を決めた市立函館保健所は「幼虫は葉の裏側に付着しているケースが多いので、草刈りの際や外出時には素肌に毛を触れないよう注意して」と呼び掛けている
同保健所によると、今年は春先が暖かかったため、昨年よりも早い時期にドクガの発生が確認されている同保健所に昨年度寄せられた通報数は5~7月を中心に130件だったが、本年度は8日現在で80件に上る市内の皮膚科医院からも、ドクガの被害による患者数が例年以上に多いとの報告があったという
ドクガの幼虫は体長1・4~4センチほどで、黒い胴体にオレンジ色の筋模様が入っている毛に触れると発疹やかゆみを発症するハマナスやタンポポ、川辺に咲くイタドリの葉などを食害し、小さな幼虫は塊で生息する今年は暖かい気候が影響し、すでに成長して分散期に入り始めており、住宅地や空き地などさまざまな場所での発見が報告されている
北斗市で予定していた清掃活動は2000年から毎年初夏と秋の年2回開催している市民総出の活動で、毎回小学校や町内会単位で1000人以上参加しているクリーン作戦を行う海岸の一部で幼虫が確認されており、市環境課は「参加者の健康被害の恐れがあるため中止を決めた」としている中止は2年連続
幼虫は全身が目に見えづらい毒性の毛で覆われており、風に飛ばされた毛が皮膚に触れるだけでかゆみなどを発症する恐れがある同保健所は「ウインドブレイカーやゴム手袋など毛を通さない服装で、首周りも防護した上で駆除や草刈りをしてほしい」としている
情報提供は同保健所生活衛生課(電話0138・32・1521)、各市町の担当課へ(蝦名達也、鈴木潤)

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会