• 採用情報
    函館新聞社

若者中心人つなぐ拠点に…市民交流プラザ整備基本計画策定

函館市は市内本町の旧グルメシティ五稜郭店跡地の拠点ビル内に整備する「市民交流プラザ」の整備基本計画を策定した「函館のまちを舞台に未来を創る人たちを育む場」を基本コンセプトに、若者世代を中心に人と人とをつなぎ、用途に応じて多目的に使用できる空間を目指す完成は2017年3月を予定し、市経済部中心市街地再生担当は「若者たちが気軽に足を運び、滞在できる場所をつくり、活性化につなげたい」としている
市中心市街地活性化基本計画の事業本町地区の拠点ビルは地上19階、地下1階建てで、5階以上が分譲マンション、4階に市が同プラザを整備し、3階以下には商業施設が入居17年3月の完成を目指して工事が進められている
基本計画は、商業施設や公共施設などの企画、設計を手がける乃村工藝社(東京都港区)に策定業務を委託昨年12月から今年2月に3回のワークショップを開き、市内の学生や会社経営者、まちづくり関係者からの意見をまとめ、計画に反映させた
プラザの目的は交流、公益活動の支援、文化・芸術の振興に置く09年に閉店した旧グルメシティが営業していた時代のように、若者世代を中心に多くの人が行き交い、滞在できる場所を整備し、新たな発信や創造、周辺へのにぎわい創出の拠点としたい考えだ
1115平方メートルの空間は多目的ホール、フリースペース、ギャラリーなどとして利用でき、全体に可動式の間仕切りを設置中央部は円形に区切ることも可能で、音響、防音、照明、ステージなど多用途に利用できる設備を用意演劇や音楽公演、企業による新商品の発表会のほか、学生の学習スペースとしての利用など、それぞれの目的に合わせて活用できるのが特徴だ
今後、6月に実施設計を委託する事業者を公募し、年内をめどに策定16年度予算に整備事業費を盛り込む施設には指定管理者を導入し、施設の維持管理、自主事業の企画、実施など柔軟な運営を目指す方針同担当の平井尚子参事1級は「情報系企業の誘致など、経済施策ともマッチングさせていく」と話している(今井正一)

      ニュース

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医(11月18日)
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月18日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会