• 採用情報
    函館新聞社

函館市内で免税店急増…昨年比7倍の49店

外国人旅行客の旺盛な消費需要を取り込もうと、函館市内では免税店が急増している札幌国税局によると、市内の免税店は4月1日現在で49店対象品目の拡大や免税申請手続きの簡素化などを追い風に、前年同時期の7店から7倍に増加した小売店は免税品の売り上げを軒並み伸ばしており、地域経済の活性化に向け、関係者は増加する訪日客に期待を寄せている
市内の免税店は、昨年10月に免税対象品目が食料品や化粧品を含む全品目に拡大されたことを受け、同月には21店舗に拡大今年4月には免税手続きを委託できる制度などが創出され、さらに増加した
中華圏の旧正月である春節の休暇期間中(2月18~24日)は、〝爆買い〟する外国人旅行客の姿が函館市内でも多数見られた棒二森屋(若松町)では、2月の免税対象品の売り上げが、前年同月比で約7倍を記録丸井今井函館店(本町)でも化粧品の売り上げが約5倍に達した
全国展開する大手免税店のラオックス(東京)は22日、函館市末広町の金森洋物館内に「函館赤レンガ店」をオープン電化製品や雑貨などが並ぶ店内は連日、中国や台湾からの旅行客でにぎわいをみせている同店の山崎隆弘店長は「売れ筋は化粧品関連合計で1万円程度買い物する客が多く、中には10万円相当のカメラを購入した客もいた」と話す
4月の免税制度改正では、クルーズ船の寄港時に免税店を臨時出店する手続きも簡素化された札幌国税局の担当者は「海外からの定期航空便やクルーズ船を迎え入れる函館は、免税店の増加傾向が続くのでは」とみている棒二森屋の岩岡正剛店長は「全売り上げに占める免税品の割合が急速に高まっている戦略を練り直して、ビジネスチャンスにつなげたい」と話している(山田大輔)

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月15日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会