• 秋季大会
    高校野球

新幹線工事ほぼ完成函館の生コン特需終了

北海道新幹線新函館北斗?新青森開業に向けた建設工事がほぼ終了したことに伴い、函館の生コンクリートの特需も終わりを迎えた新幹線工事は札幌延伸のための村山トンネル(北斗市)を残すだけとなり、供給の最前線は長万部までの北渡島に移る今後、函館では需要の大幅な減少は避けられない状況で、工場集約化による適正な生産規模構築など業界を挙げての対応を模索している
函館、南北海道、北渡島の3協同組合で構成する道南地区生コンクリート協同組合連合会によると、道南全体の出荷量のピークは1995年度の140万5660立方メートル公共工事の減少を背景に年々減少し、2014年度には39万5836立方メートルにまで減った
この厳しい状況の中、下支えしたのが05年に着工した新幹線工事管内でトンネルや橋梁といった構造物の建設があり、出荷量は持ち直した14社でつくる函館生コンクリート協同組合(北斗市、成田眞一理事長)はこの10年で関連工事に約60万立方メートルを出荷南北海道も約40万立方メートルを供給し、特需に沸いた格好となった
ただ、工事がほぼ終了したことで需要は大幅に減少正念場を迎えることになる函館の協組は14年度の出荷量18万3766立方メートルに対し、15年度の想定量を16万8000立方メートルと厳しく見積もった「函館アリーナや高層マンションへの供給といった好材料もあったが、今後は減少が続く公共工事増加に期待するしかない」とする
各社の経営が苦しくなる前に生産を効率化させようと、近年は工場の集約化による共同操業に切り替えている今月上旬にも函館市内の工場を1つ閉鎖し、ピーク時に40以上あった道南の工場を24にまで集約適性な供給量の維持に努めている
先行きに強い危機感を持つ成田理事長は「人口減少に合わせた生産規模にしていくことが急務業界を挙げて工場集約化に取り組むことで生き残っていきたい」と語る(松宮一郎)

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月19日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会