函大1年の授業に初導入元町散策西部地区学ぶ

函館大(野又淳司学長)は本年度、1年生が市内西部地区を散策するユニークな授業を初めて導入した学生の半数が市外出身のため、函館観光の中心地である同地区について理解を深めるのが狙い22日には学生20人が「函館まちあるきガイド」の案内で元町周辺を歩いた
新入生62人のうち半分が市外出身函大は西部地区をフィールドとした調査研究に力を入れているが、同地区を訪れたことがない学生も少なくないという
学生たちは函館山にバスで登り、山頂や売店を見学その後、函大ベイエリア・サテライト(末広町)に移動し、同拠点を基点に元町周辺1・5キロを1時間かけて散策した
土田尚史さん(39)がガイドを務め、基坂や旧イギリス領事館、元町公園、旧函館区公会堂、八幡坂、函館ハリストス正教会など教会群、東本願寺函館別院を巡った土田さんは「西部地区はかつて百貨店や銀行などがあり、まちの中心地だった和洋折衷の建築物が多いのも特徴」と紹介明治時代に入ってからは、耐火対策としてレンガやコンクリート造の建物が建てられた歴史も披露した
神奈川県出身の福岡美輝(みつき)さん(18)は「函館は伝統的な建物がたくさん受け継がれており、素晴らしいまち鎌倉と似ている」と話した函大地域連携センターは「函館を研究する上で、まずは学生たちに観光地を知ってほしい」と期待を込める(山崎大和)

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月22日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会