• 採用情報
    函館新聞社

五稜郭祭維新行列観客を魅了

第46回箱館五稜郭祭(協賛会主催)の最終日は17日、函館市中島町?五稜郭町でメーンイベントの維新行列などが行われた沿道には大勢の観光客らが腰を下ろし、明治時代の衣装に身を包んだ計約1000人によるパレードや戦闘パフォーマンスに目を奪われていた
維新行列は、榎本武揚率いる旧幕府軍と新政府軍のほか、開港に携わった各国の衣装を着た市民が参加今年は箱館戦争で戦死した幕臣中島三郎助のひ孫に当たる中島恒英さん(70)=神奈川県海老名市在住=が三郎助役を務め、同県横須賀地区の市民団体「中島三郎と遊ぶ会」(大内透会長)の会員らも中島隊としてパレードに加わった
中島廉売での出発式の後、志士役の片岡格副市長や渡島総合振興局の宮内孝局長らが艦船を模した山車に乗り出発千代台公園からも市内小中学校、高校の吹奏楽部やマーチングバンドが、息の合った美しい音色を響かせながらパレードに合流した
本町行啓通には、続々と維新行列の参加者が姿を見せ、大砲が打ち鳴らされると恒例の白兵戦パフォーマンスが行われた前日の土方歳三コンテストで優勝した青木賢治さん(35)扮(ふん)する土方も登場し、激しい殺陣を演出土方が銃弾に倒れる場面では、迫真の演技に会場から大きな拍手が沸き起こった
このほか五稜郭公園内では、初めて戦闘パフォーマンスが再演されたり無血開城の場面を再現した会場セレモニーが行われたりした毎年家族そろって観覧している市内在住会社員の藤井政史さん(38)は「毎回迫力のある演技で、今年は2回見れて良かった」娘の咲良さん(7)も「本物みたいで楽しかった」と笑顔を見せていた(蝦名達也)

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月14日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会